HOME > ニュース > 2012年9月13日
 

『 TMD 4.0 』(Timon Mold Designer 4.0) リリースのお知らせ


2012年9月末日に、 『 TMD 4.0 』をリリースします。
TMD 4.0 の機能内容について、紹介いたします。
■バージョンアップ内容一覧


TMD-FLOWとTMDLightWARPを統合しそり比較評価機能を追加致しました。

下図のように、従来のTMD-FLOWの「製品のみ」と「ランナーあり」の解析種類ではそり検討が
可能になります。
そり検討1
例)天肉2mmと1.5mmの形状
形状変更後の天肉1.5mmの方が反り変形が少ない結果となっています。
「正規化変位」の算出は全節点の変位量に対し二乗和が一番小さくなるように基準を決め、 全体とそれぞれの軸毎の値を比較しているものです。
そり検討2

メッシュ設定レベルに「超精密」を追加致しました。

解析のメッシュ設定において、下図のように、従来は「通常」と「精密」の二つのレベルでしたが、 TMD 4.0では「超精密」設定を追加しました。
従来の「通常」、「精密」はそのままの設定となりますので、「超精密」が増えたことになります。
「超精密」は、メッシュの数としては「精密」の3倍程度で、解析時間はその分長くなりますので、 形状が細かいものなどに適宜お使い下さい。 また、メッシュ設定の目盛りも増え、5段階での設定が可能になります。

超精密の追加
(※)メッシュ設定レベルの違いによる圧力比較
「通常」、「精密」、「超精密」の圧力結果の差異は、 通常 = 92.2MPa、精密 = 90.9MPa、超精密 = 90.8MPaで、通常と超精密での差異は約1.5%です。
圧力結果の差異

ライセンス認証形式を変更致しました。

ライセンス形式がHASPからFlexNetに変更になります。
この変更によりTMD-FLOW及びCOOLと(TMDLightWARP)のライセンス形式が全て変更になります。

ライセンス認証形式
COPYRIGHT (C) 1985 - 2004 TORAY INDUSTRIES, INC. COPYRIGHT (C) 2004 - Toray Engineering Co.,Ltd.